スタッフブログ

2020.06.26

歩道橋の段差識別対策

半田営業所 佐川

美浜町にある横断歩道橋に段差識別塗装を施しました。

愛知県美浜町は知多半島南部の町です。

 

名鉄河和駅とフェリー乗場を繋ぐアクセスの途中に横断歩道橋があります。

この歩道橋は国道247号線に架かっています。

とても交通量の多い道路ですが、歩道橋を利用すれば安心して通行する事ができます。

 

美浜町特産のミカンをイメージさせるとても明るい色の歩道橋なのですが、階段を上から見ると段差が分かりにくいというご意見がありました。

段差識別のために何か良い方法がないかと相談を受けた弊社では、見た目も良く、よくとても耐久性に優れた滑り止め塗装をご提案しました。

 

オールグリップハードという製品で、特殊ウレタン樹脂を使用します。

メーカーさんのHPでは大理石と同レベルの耐摩耗性であると公表しています。

 

工事期間中は通行者の皆様にご不便とご協力をお掛けしてしまいましたが、通行止めをすることなく無事完了する事が出来ました。

 

施工前と比べると、階段の段差はとてもはっきり判読できるようになりました。

歩道橋利用者の皆様の安全に少しでも貢献できれば嬉しいです。